トレーラーハウスのトイレの処理はどうすればいいの?

トレーラーハウスを住居に使ったり、店舗、宿泊施設などに活用する方が増えてきていますが、トレーラーハウスのことについて詳しく知らないまま購入してしまう人も多く、後々トラブルになってしまうこともあります。

特に、トイレの処理などは、住んでみてからわかることも多いと思います。

トレーラーハウスは水洗トイレで利用することができ、インフラ設備は入居した時から可能になるのですが、トイレの構造はどうなっているのかわからない方もいると思います。

そこで、今回の記事ではトレーラーハウスのトイレについてご紹介したいと思います。

トレーラーハウスのトイレってどうなっているの?

汚水はバキュームカーに見るような太いホースで敷地内の(公共汚水升につながる)下水設備と接続するのが普通。見栄えの関係もあり、車の下でつないでしまう。 敷地側は「ダンプ設備」と呼ばれ、双方が規格品の場合は腕力だけあれば接続可能で工具を必要としません。

工具がいらないというのが建築基準法での鍵になるため、電気と浄水も工具無しで外部設備と接続するように設計されています。

つまりこれは、トレーラーハウスが建物ではないということを証明できるように、随時かつ任意に移動できるように、簡単ですぐに取り付け、取り外しができるようになっています。

ですので、トレーラハウスから出た配管を下水道や浄化槽へ接続する事でトイレが使用できます。

ただしトレーラーハウスによっては、トイレトラブルもある可能性もあります。

トレーラーハウスの種類によっては知っていなければトイレのトラブルになる

トレーラーハウスには様々な種類があるのですが、その種類によっては、配管を下水道や浄化槽へ接続しただけでは安心できないものもあります。

中には汚水タンクがあるトレーラーハウスもあり、汚水タンクと下水を繋いで、排水バルブを開いておけば勝手に汚水が流れていくと思いますよね。

ですが、これをしていると大変なことになります。

それは、水だけ流れてしまい、排泄物はタンクに溜まり続けてしまい溢れてきてしまう可能性があるのです。

バルブは普段とじて置いて、ある程度溜まってきたら排泄物と水と一緒に流さないといけないのです。

つまり、溢れない程度に溜めて流すことをしないといけないということです。

これを忘れてしまうと溢れて大惨事になってしまうこともあるので気をつけましょう。

トレーラーハウスはどんどん進化して行っているので住居用や店舗用なども、住宅と変わらず快適に使うことが可能です。

トレーラーハウスのことをことを事前に知っておけば購入してからのトラブルに見舞われることはないでしょう。

お客様の安心・安全も考慮したトレーラーハウスを提供します!

ドリームクレイスでは、オシャレでラグジュアリーな空間だけではなく、安心・安全も考えた空間を約束します。

安心して住める。

安心してビジネスができる。

ように、厳しい基準を持って製造、提供しています。

もし、トレーラーハウスの導入でご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

ドリームクレイスでは、トレーラーハウスにいつでも触れてもらえるように展示場をご用意しています。

私たちは、お客様の夢を形にし、あなたの夢を叶えるための第一歩のお手伝いをしています。

まずはトレーラーハウスを見学して夢の扉を開いてみませんか?

まずは資料請求
オンライン見学予約
自動お見積り