トレーラーハウスの店舗起業のメリット・デメリット

昔と異なり、様々な働き方が増えて、起業を目指す方も増えてきているようです。

その中で、トレーラーハウスを活用した起業も注目されています。

以前なら、宿泊施設の開業などを夢みていても資金の問題でなかなか実現できないことでも、トレーラーハウスを活用すれば膨大な資金を要さずに開業できるようになりました。

また、お店を持つこともトレーラーハウスならコストをかけすぎずにできるようになります。

私たちも、トレーラーハウスを活用した事業展開をお奨めしていますが、100%失敗しないとは限りません。

そこで、トレーラーハウスで起業をお考えの方にトレーラーハウス起業のメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

トレーラーハウス店舗と一般的な賃貸物件はどちらがお得なのか?

トレーラーハウスで店舗を作る際に、店舗型のトレーラーハウスだと1000万円〜となります。

仮に1000万と仮定して物件を取得するとします。

では、賃貸での店舗の場合はどうなるでしょうか?

人が多い都心部や駅前立地の場合は坪単価は10000円以上は当然あるでしょう。

そして、家賃以外に、敷金、礼金なども入ってきます。

大体家賃の6ヶ月分くらいが相場になると思いますが、10万円が家賃なら60万円かかってきます。

これに内装費、設備投資などが入ってきます。

内装費はこだわりによって変動しますが、300万円から1000万円ほどかかる場合もあります。

と考えると、店舗物件とトレーラーハウスでの店舗は大きく開業資金は変わらない、もしくはもう少し安くなる可能性もあります。

トレーラーハウス店舗のメリット

1番は、賃貸ではなく自分の所有する店舗が持てると言うことです。

賃貸の場合は更新費用もかかる場合もあり、コストいはかかってきます。

トレーラーハウスの場合は、固定資産税もかからないため、最初のコストは高く感じますが、ランニングコストを考えれば家賃もかからないため、長い目で見るとコストは削減できるのです。

また、トレーラーハウスの場合は、最初からどれくらいかかるのか?などコストの見える化ができるので、収支計画も立てやすくなるでしょう。

それ以外にもトレーラーハウスのメリットは沢山あります。

それは、店舗で重要な立地の問題です。

移動できる店舗なので、立地も有利な立地に設置できる可能性もあります。

また、売却も可能なため、原状回復などにやめるときに費用がかからないと言うメリットもあります。

トレーラーハウス店舗のデメリット

メリットの方が多いトレーラーハウスですが、デメリットもあります。

初期費用がまとまったお金がないといけないのは、店舗を始める時は同様なのですが、資金の問題は同様にあります。

また、必ずしも設置したい場所へ設置できるかどうかはわからないと言う点です。

郊外型の店舗などでは比較的設置は容易ですが、都心部などでは設置できる場所がなかなか見つからないと言うデメリットもあります。

場所を見つけてから計画を立てると比較的導入しやすくなるでしょう。

関連記事

お客様の安心・安全も考慮したトレーラーハウスを提供します!

ドリームクレイスでは、オシャレでラグジュアリーな空間だけではなく、安心・安全も考えた空間を約束します。

安心して住める。

安心してビジネスができる。

ように、厳しい基準を持って製造、提供しています。

もし、トレーラーハウスの導入でご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

ドリームクレイスでは、トレーラーハウスにいつでも触れてもらえるように展示場をご用意しています。

私たちは、お客様の夢を形にし、あなたの夢を叶えるための第一歩のお手伝いをしています。

まずはトレーラーハウスを見学して夢の扉を開いてみませんか?

まずは資料請求
オンライン見学予約
自動お見積り