トレーラーハウスの設置は地盤改良不要ってホント?

トレーラーハウスは、どこにでも設置できるというのが大きなメリットとして皆さんに認識されていると思います。

通常家を建てる時には、ハザードマップなども活用して地盤調査を行い、地盤に問題がある場合は、地盤改良が必要になります。

トレーラーハウスは住まいとしても活用できるので、トレーラーハウスを設置する方は地盤も気になっている方もいると思います。

また、逆に「どこにでも設置できる」というメリットから地盤のことは全く気にせずに設置できるという認識の方もいます。

トレーラーハウス設置での地盤については、よくある質問でもあるので、この記事では、トレーラーハウス設置における地盤についてお伝えしたいと思います。

トレーラーハウスは本当にどこでも設置が可能なのか?

トレーラーハウスの大きなメリットしては、設置が簡単でどこにでも可能だ!という点があります。

立地を選ばないということで、店舗だと出店しづらい場所にも出店チャンスがあったりと、トレーラーハウスを検討している方もいると思います。

しかし、簡単に設置できる!と思っていて、トラブルになってしまうケースもあります。

まず、トレーラーハウスは、斜面での設置はできない場合が多いです。

100%ではないですが、安全性を考えるとあまりオススメできない立地となります。

また、トレーラーハウスは、自由にどこにでも設置できると誤解されがちですが、実際は、運搬や設置場所にかなり制限があります。

ですので、先に行政や不動産屋などに確認しながら設置場所を決めた方がいいでしょう。

市街化調整区域などにも設置が可能なので、どこでも置けるというのは間違いはありませんが、設置まで許可や申請が必要な事もあるので、事前に調べておくことをオススメします。

トレーラーハウス設置時の地盤改良は必要なのか?

トレーラーハウス設置の時に地盤改良は必要ない!と言っているメーカーもあるのですが、それは、トレーラーハウスが建物ではなく車両扱いになるからだ!という論理で、購入しやすいようにすぐに設置できますよ!と謳っている形になると思います。

基本は、雑草が生えていたり、整地じゃなくても設置は可能なのは確かなのですが、トレーラーハウスは重量があるので、芝生やゴルフ場など地盤の柔らかい場合は別途費用として、地盤改良(砂利敷、転圧など)や設置位置までの覆工板での準備(鉄板を地面に敷く)などの事前準備が必要なケース設置があります。

また、農地などは許可が必要になってくるので、市町村の農業委員会への相談・申請が必要です。

また、事前にハザードマップなので、設置する土地を調べておくことも大切です。

通常の家と違って、トレーラーハウスは液状化が仮にあったとしても移動して場所を変えることができます。

大きな利点は、基礎工事などもないので、すぐに移動できる点でもありますが、思っているほど簡単に、すぐに設置できるかというとそうでもないので、設置場所は慎重に、行政などに確認もしながら決めていく方がトラブルにならずに済むでしょう。

お客様の安心・安全も考慮したトレーラーハウスを提供します!

ドリームクレイスでは、オシャレでラグジュアリーな空間だけではなく、安心・安全も考えた空間を約束します。

安心して住める。

安心してビジネスができる。

ように、厳しい基準を持って製造、提供しています。

もし、トレーラーハウスの導入でご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

ドリームクレイスでは、トレーラーハウスにいつでも触れてもらえるように展示場をご用意しています。

私たちは、お客様の夢を形にし、あなたの夢を叶えるための第一歩のお手伝いをしています。

まずはトレーラーハウスを見学して夢の扉を開いてみませんか?

まずは資料請求
オンライン見学予約
自動お見積り