トレーラーハウスは台風でも大丈夫?

トレーラーハウスを住居にしたり店舗活用や宿泊施設、オフィスなどで活用する方が増えつつあります。

コロナ禍で人気になったトレーラーハウスですが、価格が安いのもあれば高いものまで価格レンジは幅広く、200万円から1000万円ほどのトレーラーハウスがあります。

以前台風や竜巻などで倒壊したというニュースもあり、トレーラーハウスは台風に弱いのではないか?と思う方もいるかもしれません。

そこで、今回は、トレーラーハウスは台風でも大丈夫なのか?ということを解説していきたいと思います。

トレーラーハウスの耐久性は?

トレーラーハウスはメンテナンスをしっかり行えば耐用年数は20年〜30年あります。

メンテナンスは2年くらいで必要なものから5年はメンテナンスが必要なものもあります。

定期的にチェックすると長く使っていただけます。

トレーラーハウスは強風や台風に弱い?

トレーラーハウスは、地震には強いのですが、車やトラックなどと同じように横風に弱く横転する恐れがあると言われています。

通常設置している時のトレーラーハウスはジャッキアップでタイヤが浮いている状態になっていると思います。

台風のような強い風を横から吹き付けられると、ジャッキの部分が横滑りしたり、転倒することもあります。

その理由は、トレーラーハウスはエンジンを積んでなく牽引車両であるため、車重が軽いので転倒しやすくなっています。

価格が安いものだと強度が弱い可能性もあり、倒壊する場合もあります。

以前宮古島で風速30mほどの竜巻が発生しトレーラーハウスが倒壊したというニュースがありましたが、しっかり対策すれば防げることは多いです。

トレーラーハウスの台風対策

では、トレーラーハウスの台風や強風の対策はどのようにすればいいのでしょうか?

アンカーに接続するのが一般的です。

ただし、地面が土などの場合は、コンクリートブロックにアンカーを埋め込みチェーンやワイヤーでつなぐことで耐風することができます。

台風が多い地域はもちろんですが、豪雨で流されるなどもありますので、台風はあまりこない地域でもアンカーの接続は行ったほうが万全だと思います。

ドリームクレイスでは、トレーラーハウスの台風対策などもご相談くだされば施工いたしますので、トレーラーハウスの購入をご検討の方やすでに導入された方もお気軽にご相談ください。

ドリームクレイスでは、トレーラーハウスにいつでも触れてもらえるように展示場をご用意しています。

私たちは、お客様の夢を形にし、あなたの夢を叶えるための第一歩のお手伝いをしています。

まずはトレーラーハウスを見学して夢の扉を開いてみませんか?

まずは資料請求
オンライン見学予約
自動お見積り