夏のトレーラーハウスは暑いのか?

トレーラーハウスは夏場暑くて冬は寒いと言うイメージを持たれている方も多いと思います。

夏場のトレーラーハウスは暑いと言っている方もいらっしゃるのですが、ドリムークレイスが施工し納品しているトレーラーハウスは、暑い日本でも十分快適に過ごせるようになっています。

また、寒冷地では寒冷地仕様にもなっているので雪の多い地域でも安心してご利用いただけます。

今回は、そんなトレーラーハウスの性能についてお伝えしていきたと思います。

トレーラーハウスの性能

トレーラーハウスを選ぶ際には、夏の強い日差しや冬の外気温の低さに対して断熱効果をもった材料が使用されているかどうかが選択のポイントになります。

弊社のトレーラーハウスは、標準で高気密・高断熱で省エネ設計。

豪雪にも耐える頑丈な構造になっております。
田舎の厳しい自然の中でも、室内は夏は涼しく冬は暖かく、一年中快適に過ごすことができます。

弊社トレーラーハウスは、断熱機密が高いレベルでの製造となっているので、普通の住宅と比べても遜色ない快適な環境となります。

断熱材などの細かな話をしても難しくなると思うので、素材などについてはお問い合わせいただければと思いますが、日本仕様に徹底的にこだわり開発・製造しております。

米国の工業会基準ANSI119.5を学びより快適な製品へ、車両としての国内基準を満たし住むという建築基準に準拠。「道路を走る居住空間として」日々進化した製品の研究開発を行っております。

近年は「安心・安全・快適」を重視し開発しております。

トレーラーハウスの夏は暑いのか?

弊社のトレーラーハウスは、高気密、高断熱の作りとなっています。

高気密、高断熱と言ってもよくわかりませよね。

  • 高気密住宅=精度の高い建築部材や、防湿シート、断熱材、気密テープなどを使ってできるだけ隙間をつくらないようにして建てられている家。
  • 高断熱住宅=外壁と内壁の間に断熱材を用いたり断熱性の高い窓を採用したりすることで、断熱性能を高めた住宅のこと。

つまり、隙間が少なく気密性が高いことから、家全体が密閉・保温された空間になり冷暖房効率が良く光熱費が抑えられるということです。

そして、防音性もあるので住宅や店舗などとしても十分に機能します。

デメリットとしては、乾燥しすぎる場合があること、熱を逃さない造りなので、夏は一度暑くなってしまうと室温を下げるまで時間がかかるという点です。

それ以外の性能は非常に良いと言えるでしょう。

また、弊社のシャーシはプレミアムシャーシを使用している為、土台も安心、安全となっています。

夏は暑いというのは昔のトレーラーハウスの話です。

弊社のトレーラーハウスは、毎年進化した製品を開発、最新の製品を導入しております。その為、同型のモデルでも年式により色や設備は変わっております。

皆様に快適なトレーラーハウスをお届けできるよう、社員一同頑張っております。

トレーラーハウスとしては価格が安いが使ってみると夏熱く、冬は寒いといったことになってしまわないようにしっかり情報開示して作っているところをお選びください。

お客様の安心・安全も考慮したトレーラーハウスを提供します!

ドリームクレイスでは、オシャレでラグジュアリーな空間だけではなく、安心・安全も考えた空間を約束します。

安心して住める。

安心してビジネスができる。

ように、厳しい基準を持って製造、提供しています。

もし、トレーラーハウスの導入でご不安なことがありましたら、どんなことでもご相談ください。

ドリームクレイスでは、トレーラーハウスにいつでも触れてもらえるように展示場をご用意しています。

私たちは、お客様の夢を形にし、あなたの夢を叶えるための第一歩のお手伝いをしています。

まずはトレーラーハウスを見学して夢の扉を開いてみませんか?

まずは資料請求
オンライン見学予約
自動お見積り